トリ説~TRIGLAVの説明書~(旧 日々のアレコレ)

ハクスラ系アクションRPG「TRIGLAV」の情報サイトだよ

TRIGLAV:イベントカード「忘れ去られた古代の神シエンの隠れ家の入口が開いている!」

イベント一覧ページへ戻る

忘れられた古代の神シエンの
隠れ家の入口が開いている!

※イベントのネタバレ全開につきこの先閲覧注意!

忘れられた古代の神シエンの隠れ家の入口が開いている!

難易度:かなり難しい
シエンはクリア後の強敵。相応の強さを誇るぞ。

 

イベント出現フロア

47階「Syenの復活」エリア
50階到達後に挑戦可能。

▲目次に戻る▲

イベント概要

47階「Syenの復活」エリアにノーコストで入ることができる。
奥ではボス「シエン」が待ち構えているぞ。
貴重なレアやアーティファクト入手のチャンスだ。

「Syenの復活」への行き方

まずは47階に入ってすぐのワープパッドへ向かおう。
ここは本来プッシュボタンがなければ入れない場所だが、イベント発生時は一度だけプッシュボタンなしでも入れるぞ。

ワープパッドを踏むとイベントスタート扱いになる。
この先、引き返すとイベントが終了してしまう。
しっかり準備をしてから踏もう。

47階奥

ワープしたら右下の階段を降りよう。
こちらも普段はプッシュボタンが必要だが、イベント発生時はプッシュボタンなしでも先へ進めるぞ。

Syenの復活

下段中央のワープパッドを踏むといよいよ「シエン」とのバトルだ。

Syenの復活

▲目次に戻る▲

シエン

見た目はただの小柄な老人だが、非常に火力が高い。
更に周囲のヘルダイバーに守られているため、一筋縄ではいかない相手だ。
ポーション・パペットの準備を忘れずに。

ちなみにこのヘルダイバーは、直接倒すと必ず宝箱を落とす。
神秘の破片すべてのレア装備が確率で出るぞ。
余裕があるなら、ヘルダイバーをすべて直接倒すことにもチャレンジしてみよう。

シエンは自動回復がないため、ヘルダイバーさえ倒してしまえば回復されることはない。
ダメージさえ通せれば、時間はかかるが必ず倒せるぞ。

シエンの移動速度は遅めだ。
こちらの移動速度を上げておけば、距離を取ってゆっくり回復ができる。
70ほどあれば、うまく端に誘導し反対に逃げると完全に振り切れるぞ。

またシエンは防御が高いため、技量が足りないとダメージ効率が悪くなる。
ある程度技量に寄せた装備にしておくといいだろう。

▲目次に戻る▲

シエンの行動パターン

シエンの行動自体は非常に単純だ。

・直接攻撃
・ジャンプ攻撃

シエンは移動速度こそ遅いが、攻撃スピードと攻撃力が非常に高い。
あっという間に倒されてしまわないように、残り生命力には常に気を配ろう。

シエンはある程度の距離をとると、ジャンプ攻撃で一気に近寄ってくる。

ジャンプ

着地地点にいると大ダメージを食らうので気を付けよう。
動き続けることで簡単に回避が可能だ。

ジャンプ攻撃には一定のクールタイムがあるため、連続で跳んでくることはない。
跳んでくるタイミングを覚えてしまえば楽になるぞ。

▲目次に戻る▲

まずはヘルダイバーを倒そう

このエリアの外周には合計8体のヘルダイバーがいる。
ヘルダイバーはその場から動かないが、射程内まで近寄るとこちらを攻撃してくるぞ。
意外と攻撃範囲が広いので、移動中削られないように気を付けよう。

ヘルダイバー

この8体のヘルダイバーのうちのどれかがシエンの回復担当だ。
残りの7体は、いずれかのヘルダイバーを回復している。
「ラナンキュラ」の本体にあたるのがシエン、胴体がヘルダイバーと思えばいいだろう。
ただし、こちらは見ただけでは順序が分からないぞ!

ヘルダイバーを倒すと、倒したヘルダイバーの回復を担当していたヘルダイバーも消える。
ヘルダイバーをすべて倒してからシエンを攻撃しよう。

もちろんシエンもこちらに斬りかかってくるので、危ないと感じたら早めに回復しよう。

▲目次に戻る▲

ヘルダイバーの全滅に挑戦!

慣れてきたら「ヘルダイバー」をすべて直接倒すことにもチャレンジしてみよう。
レア入手のチャンスを大きく増やせるぞ。

手順自体は簡単。
「ダメージを与えても回復しないヘルダイバー」を見つけて倒すのを繰り返せばいい。
一撃殴って回復されるか様子を見てみよう。

反射型の場合、必ず事前に「自動ターゲット」はオフにしておくこと。
あとはすれ違うようにヘルダイバーの攻撃範囲ギリギリを歩くだけだ。

また、ヘルダイバーは「回復ターゲットのほうを向く」という習性がある。
例えばこれは「シエン」を回復しているヘルダイバーだ。
シエンの位置に合わせて向きを変えているぞ。

ヘルダイバー

ヘルダイバー

ヘルダイバー同士の回復は見破りにくいが、シエン担当は簡単に判別できる。
覚えておくといいだろう。

▲目次に戻る▲

イベント一覧ページへ戻る