トリ説~TRIGLAVの説明書~

ハック&スラッシュ系アクションRPG「TRIGLAV」 モバイル版の攻略情報を掲載しています。いきなりネタバレ情報が見えないようにも配慮。

TRIGLAV:フロアデータ@29F

悪魔に魅せられし者
Enchantment of the Demon

フロアマップ

29Fマップ

フロア解説

中央に怪しい魔法陣があるフロア。
謎を解き、「悪魔に魅せられし者」を呼び出そう。

フロア右下にある悪魔の像を作動させると、「草地」への入口が開く。
手前の橋には意味深な看板が立っているが…

フロア左側にはワープパッドを設置できる。
ワープ先では、ある重要なアイテムが手に入るぞ。

魔法陣の謎を解け!

中央にあるスイッチレバーを踏むと宝箱が出現。
中には「数字板」1~9が入っている。これを黄色い床に置こう。
正しい組み合わせで置くと、フロアの主が現れるぞ。

数字板を持った状態で黄色い床の上を通ると、そこに数字板を置ける。
複数枚持っていると置き間違える可能性がある。ひとつずつ拾うのがいいだろう。

数字板は全部で9個出現するが、数字板が置ける場所は4つ。
つまり必要ない数字板がいくつか混ざっている。

やり直したい場合は、最初に踏んだスイッチレバーをもういちど踏もう。
数字板がすべて消え、再度拾えるようになるぞ。

魔法陣のヒント

これは魔法陣ならぬ「魔『方』陣」という古典パズルだ。
魔方陣については以下のリンク先を参照。

魔方陣 - Wikipedia

どうしてもわからない人のためのヒント(ほぼ答え)

タテ・ヨコ・ナナメ、それぞれの数字の合計がすべて「15」になるようにパネルを設置しよう。
最初から埋まっている数をヒントにすればよい。

フロアボス攻略

ワープと同時に光弾を発射してくる。よく見て避けよう。
数回ワープすると一定時間その場にとどまるので、そこを狙って集中攻撃しよう。

数字板に隠された秘密

この数字板を持ったまま、ある場所へ行くと「珍しい敵」が確定出現する。
通常プレイでも出会えるが出現率が低いため、効率よく狩りたい場合は一考の余地あり。

ただし、数字板は一度30階への扉をくぐってしまうと、二度と入手できなくなるので注意。
既に30階に到達してしまった後で、これを試したければ新たにキャラを作る必要がある。

「秘密」の詳細

数字版の「7」「8」「9」いずれかを所持した状態で草地のエリア1へ行くと、ファットマンロードの強化版「ガイア」「マッシュ」「オルテガ」が確定で出現するようになる。
更に「7」「8」「9」すべてを所持した状態で行くと、追加でファットマンウルトラの強化版「赤い彗星のシャア」も出現。

なかなか狙って会える相手ではないため、アーティファクト狙いなら試してみる価値はある。

ちなみに「7」「8」はレアなナマモノ「ファットマン石鹸」でも代用できる。

数字版を持ったままでの攻略手順

まずは普通に数字版をセットし、フロアボスを討伐しよう。
ドロップした「悪魔の眼」で左下のポータルを作動させておく。
30階への鍵は拾わない。拾っても扉を開けないように。

その状態で一度フロアを切り替えると数字版が復活する。
草地に行くか、一度28階に降りるかすればよい。

30階以降へ進むためには、「夜夢想」エリアのヴァンピールを一度討伐し、エルフの娘を助けよう。
すると「エルフの神木」に入れるようになる。
4択式ブーストアップを回収したら、そのまま中央の丸い模様の上に立とう。
しばらく立っているとワープが作動し、30階へ飛べる。

ちなみに29階の扉が閉まったままでも、30階から29階に降りることは可能。
ゲームを進め、強敵を討伐できる程度にキャラが育ったら、数字版を回収して挑戦しにいこう。

「数字版の秘密」の小ネタ

元々はブラウザ版で「ゴールドを簡単に増やす方法」として存在していた裏技である。開発者の意図したものではなかったため、最初は敵に邪魔をされることもなかった。
さすがに問題なので後に修正が入ったのだが、「この方法そのものをできなくする」のではなく、強敵を追加して「ハイリスクな選択」という形で残すというユニークな選択を取ったようである。

モバイル版では数字版の価格が抑えられているため金策としてのうまみは薄いが、出現する敵に固有のアーティファクトが追加された。

▲フロア一覧に戻る

総合攻略トップへ戻る