トリ説~TRIGLAVの説明書~

ハック&スラッシュ系アクションRPG「TRIGLAV」 モバイル版の攻略情報を掲載しています。いきなりネタバレ情報が見えないようにも配慮。

TRIGLAVモバイル版:オル-グルの邪眼

オル-グルの邪眼オル-グルの邪眼
Ol'guul's Evil Eye

エルフの集落で作成

生命力吸収:-2%
攻撃力:A 10~15 / S 6~9 / D 4~6
攻撃範囲:A 15 / S 8 / D 6
防御力:EXPベース(最大+5)
技量:EXPベース(最大+13)
生命力:28
移動速度:3
A100% / S60% / D35% の確率で攻撃時に近くの敵に斧/剣/ナイフを飛ばす
売値:8217

入手方法

エルフの集落左にいるオーガロードに「オル-グルの首」と「実存ノ単眼」を渡すと作れる。

実存ノ単眼」はオーガメイジとオル-ガラットが落とす。
「オル-グルの首」はその名の通り、強敵「オル-グル」のドロップ。
実存ノ単眼」を持って27Fに行くと確定出現するほか、結界地でもランダム出現する。

なお作れるのは1キャラ1回のみ。かつ首は倉庫に入らないため、複数個欲しいなら別キャラでオル-グルを倒そう。

評価

防御力は40000EXP、技量は10000EXP毎に+1。

実存ノ単眼」のアップグレード品。
能力値はそのまま強化され、さらに投げ物パッシブまで獲得…と至れり尽くせりなのだが、厄介な吸収ペナルティまでもれなくついてくる。

用途的に殴ることが前提のようなリングで、この吸収ペナルティの存在は決して小さくないデメリットである。
殴りビルドに於いては吸収量=接敵できる時間の長さ、そして接敵できればまた吸収という好循環となるため、ここを断たれてしまうのはかなり痛い。
一応、他部位で吸収ペナルティ分をカバーして運用ということもできなくはないが…

単にバランス型のリングが欲しいだけなら、「トリニティ(赤)」のようにより扱いやすいものが存在する。
敢えてこのリングを選ぶ動機となりえるのは、やはり投げ物パッシブだろう。
しかし、ただ殴りビルドで投げ物が欲しいだけなら、部位は違うが「シエンの足跡」という強烈なライバルが存在する。
あちらはブーツだがペナルティ要素は一切なく、より気軽に採用できてしまう。

 

…と、ここまでは通常の殴りビルドでの話。
そもそも投げ物パッシブの採用をコンセプトとした投げ物特化ビルドであれば、バランス型のパーツとしての活躍が見込める。
こちらもライバルとして「黄泉ノ境」の影がチラつくが、入手性や技量補正による対高耐久性能どでの差別化は可能。

吸収ペナルティはやはり気がかりなものの、ビルド的に高火力で「やられる前にやる」というスタイルであり、そもそも投げ物には吸収は乗らないので、パッシブを増やせば増やすほどあまり気にならなくなるとも考えられる。
回復で足を止めるのをどれぐらい許容できるかにもよるので、ここは完全にプレイヤーの好みだろう。

 

性能に関係ない注意点として、このリングに「オル-グル」を呼び出す能力は付いていない。
他のドロップ狙いでオル-グルを狩りたければ、そちらが揃うまでアップグレードせずに「実存ノ単眼」のまま置いておくこと。
あるいは予備として、27F周回がてらもうひとつドロップを狙う手もある。

 

リング一覧に戻る