トリ説~TRIGLAVの説明書~

ハック&スラッシュ系アクションRPG「TRIGLAV」 モバイル版の攻略情報を掲載しています。いきなりネタバレ情報が見えないようにも配慮。

TRIGLAV非公式マニュアル:各スタッツ(ステータス)の役割

非公式マニュアル一覧へ戻る

各スタッツ(ステータス)の役割

このゲームには、さまざまなスタッツ(ステータス)が存在する。
キャラクター自身はもちろん、敵も同じようなステータスを持っている。
それぞれの役割をきちんと理解することで、攻略を有利に進められるぞ。

スタッツウインドウ

スタッツウインドウの開き方

メイン画面の左側に、うっすらと三本線があるのが見えるだろうか。
この部分を右にスライドさせれば「スタッツウインドウ」を呼び出せる。

IMG_1783のコピー

ウインドウを閉じたい場合は、どこでもいいのでメイン画面内をタップすればいい。

各スタッツの効果

攻撃力

一度の攻撃で、相手に与えられるダメージの幅を示している。
例えば冒頭の画像の例だと、一度の攻撃で「66~198の間でランダムなダメージ」を与えられる。
また最小値と最大値の幅が大きいと、一撃ごとの威力にも幅が出やすくなる。

ただし、実際はこの数値がそのままダメージになるわけではない。
「相手の防御力」と「自身の技量」の影響を計算した数値が、最終的なダメージとなる。
敵の攻撃でダメージを受けるときも同様。

ちなみに相手の防御力がどれだけ高くても、最低1ダメージは通る。
敵の攻撃を防御力で軽減した場合も同様。

攻撃速度

1回の攻撃にかかる時間。手数に影響する。
数値が小さいほど、速く攻撃することができる。

攻撃速度10未満の小ネタ

アイテムなどを駆使すれば、数値上は1まで下げることが可能。
ただし10未満まで下げると速度に補正がかかり、下げれば下げるほど実際の攻撃速度に反映されにくくなる。
もちろん全く効果がないわけではない。

攻撃範囲

直接攻撃の射程や、「スペシャルアタック」の効果範囲に影響する。
数値が大きいほど、射程が長くなり、スペシャルアタックの範囲や射程も広がる。

IMG_1818

パペットなどで極端に数値を伸ばせば、フロア全体をスペシャルアタックに巻き込むことも可能。

最小値は0。完全に敵と密着しなければ攻撃できなくなる。
また、スペシャルアタックの影響範囲も点レベルに縮んでしまう。

筋力

「最大攻撃力」「最小攻撃力」に影響。
筋力と装備品の攻撃力を合計したものが、「攻撃力」の数値に反映される。

最大攻撃力には筋力そのままの数値が、最小攻撃力には筋力/2の数値が加算される。

ちなみに、このスタッツがあるのはプレイヤーキャラのみ。
敵は「攻撃力」のみが設定されている。

防御力

この数値の分だけ、敵の攻撃によるダメージを減らすことができる。
軽減率は単純な引き算。防御1毎に1ダメージを軽減できる。

ただし、最終的な軽減量は、敵の技量の影響を受ける。
また、一部の魔法攻撃では防御力無視の固定ダメージを受けるため、過信は禁物。

最小値は0。どれだけ下げてもマイナスになることはない。

技量

相手の防御力を貫通する力。
技量の数値の分だけ、相手の防御力を相殺することができる。

例)
自身の攻撃力が10、技量が10の状態で、防御力15の敵を殴った時のダメージは
攻撃力10 - (敵の防御力15 - 自身の技量10) = 5ダメージ

防御力の最小値が0である都合、敵の防御力以上に上げても意味がないので注意。
例えば上記の例で、技量を20まで上げたとしても、最終的なダメージは10となる。

生命力

いわゆる「HP」にあたるもの。どれだけの攻撃に耐えられるかを示す。
これが0になると死んでしまう。

また、ヒーラーでの回復量にも影響する。
ヒーラーでの回復は、最大生命力に対する割合でおこなわれるため、最大生命力が高いほど回復量も大きくなる。

移動速度

この数値が高いほど、素早く移動できるようになる。

一見、戦闘とは直接関係ないように思えるが、飛び道具を素早くかわしたり、敵の追跡を振り切ってヒーラーを発動させたりと、役立つ場面は意外と多い。
もちろん、単純な周回効率アップとしても有用。

スペシャルアタック

スペシャルアタック使用後の、リチャージに必要な時間。
0以下にすると「No Delay」という表記になり、リチャージなしで連発できるようになる。

ちなみにNo Delay時の連射速度は「攻撃速度」の影響を受ける。

生命力吸収

与えたダメージの一部を「吸収」し、生命力を回復できる。
回復量は与えたダメージに依存。

通常攻撃はもちろん、スペシャルアタックでも吸収可能。
ただしパッシブスキルの飛び道具など、上記以外の攻撃手段では吸収できない。

ダメージ反射

受けたダメージの一部を、ダメージを与えてきた敵に返すことができる。
この数値を100%以上にすれば、受けたダメージ以上の数値を返すことも可能。

反射ダメージも通常攻撃同様、相手の防御力や自身の技量の影響を受ける。
そのため、技量が低いとせっかく反射したダメージが防御で相殺される…ということにもなりかねないので注意。

実際のダメージ計算式

敵味方関係なく共通で

攻撃力 -(相手の防御力 - 自身の技量)= 最終ダメージ
※カッコ内の最小値は0。0未満の場合は0に切り上げ

となる。
通常攻撃はもちろん、スペシャルアタックやダメージ反射、各種パッシブスキルによる攻撃もすべてこの計算だ。

非公式マニュアル一覧へ戻る

総合攻略トップへ戻る