トリ説~TRIGLAVの説明書~

ハック&スラッシュ系アクションRPG「TRIGLAV」 モバイル版の攻略情報を掲載しています。いきなりネタバレ情報が見えないようにも配慮。

TRIGLAVモバイル版:陽炎

陽炎陽炎
Shadebound

ドロップ:シェード

生命力吸収:3%
生命力:EXPベース(最大+33)
移動速度:4
生命力の120%のダメージを受けるとスペシャルアタックが3秒間ノーディレイになる
売値:1964

おすすめ入手場所

狙うなら夜夢想#1が比較的すぐに出会いやすい。
下の通路はシェードのみだが寄ってくる数が少なめ、上のヴァンピール部屋前エリアは他の雑魚も混ざるが寄ってくる数が多めなので、好きなほうで狩ろう。

なおシェードは壁をすり抜けてくる特性上、ソードやダガーの範囲SAを雑に撃つと、壁の中に宝箱が埋もれて取得不可能になりがちなので注意。
面倒でも地道に殴って倒すほうが、精神衛生上良いかもしれない。

評価

生命力は7000EXP毎に+1。

登頂前に手に入るグローブの中では「黄金の指」に次ぐ高い吸収値を持つ。
さらに瞬間的にノーディレイ状態になるパッシブを併せ持つため、窮地をひっくり返すポテンシャルを秘めたグローブと言える。

パッシブによるノーディレイ時間は3秒と短いが、きちんと意識していればスペシャルアタックを2~3回は撃てるはず。
意図せぬタイミングで発動してしまっても、単純にスペシャルアタックがリセットされる効果と考えれば決して悪くはない。

ただし防御力は一切付かず、生命力もカンストまでの要求経験値が多めなので、守りに関してはどうしても危うさが残る。
また、守りの弱さをカバーする高い吸収値を活かすためには火力が必要だが、筋力や技量といった火力関係の能力も持たない。
決して万能とは言い難いため、きっちり他で補ってやりたいところ。

 

では登頂後、経験値を充分稼いでカンストさせた状態ではどうだろうか。

グローブは強烈なパッシブ揃いの激戦区、さらに素の能力値が尖っていることもあり、単体ではどうしても優先順位が下がりがち。
しかし、結界地深層など超高難易度エリアでは常時発動を狙えるため、吸収など耐えるためのお膳立てをしてやれば再度活躍の芽がある。

さらに攻撃回数で発動するパッシブと組み合わせるパターンも考えられる。
スペシャルアタックはヒットした敵の数だけ攻撃回数カウントが進むため、このグローブのパッシブが発動すれば一気にカウントを進められる。
特にソードは元々のSA範囲が広く、さらにアップデートで防御増加パッシブに必要な攻撃回数が緩和されたこともあり、この戦法との相性は良い。
このグローブのパッシブが頻繁に発動するような場所で複数体を相手にするのは悪手だが、近寄ってこない敵や弱い召喚物、一部のボスなど意外と狙える機会は多い。

 

ではSAが単体のアックスでは微妙なのか?というと。
このグローブと同じパッシブを持つ斧「サンドストーム」と組み合わせ、SAを高頻度で連発しまくるビルドが考えられる。
あちらの発動条件は170%とかなり多めなので、合間を埋めるパートナーとして申し分ない働きができる。

さらに同じ発動条件で他の能力値が伸びる装備も採用し、無双状態に……
と夢は広がるのだが、該当する装備のほとんどが非常に高いレアリティであることを忘れてはいけない。

斧使い諸氏は、ひとつ目標として掲げてみてはいかがだろうか?

 

グローブ一覧に戻る